出張の代金をカードローンで補填した

会社で急な出張が重なる月があり、かかった費用の精算が遅れたまま給料が支払われてしまったので、かなりの出費だったにもかかわらず、その補填がないというとても考えられない出来事がありました。

それでも会社に不満を言って交渉をしても、なかなか解消されるまでには時間のかかりそうなことでした。その間にも限られた給料から更なる出費が出ていくので、とても安心してはおれなくなりました。かなり緊急性を感じたので銀行のカードローンを初めて申し込みました。

申し込めばすぐに審査を通過したという連絡も届きましたし、ローンカードを作成することですぐに借入金の引き出しが可能となりました。翌月には返済の見込みも立つことでしょうし、出張でかかった金額を補うだけですから、それ以上の高額の借り入れは一切するつもりはありませんでした。

それでもいざお金に不安を感じたときに必要な手続きさえすればすぐに借りられるという現実があるのだということを体験してある種の感動をしました。

その一方で借りやすいだけについ簡単に借りてしまうのではないか、自己管理が何よりも大切だという気持ちも持ちました。その場しのぎに利用したカードローンですが、利息が膨らまないように予定通りに翌月には返しました。

このページの先頭へ